2月27日に放送のホンマでっか!?TVで
記憶力グランドマスターの
池田義博が初出演します。

池田義博は45歳から記憶術に目覚め、
それから勉強を始めて、
記憶力日本一に輝いた
経歴の持ち主です。

そこでどれだけ頭がいい人ばのだろうと
池田義博の出身大学が気になったので
調べてみました。

スポンサーリンク

池田義博のプロフィール

引用:池田義博オフィシャルサイト

本名:池田義博

生年月日:1967年(50歳)

大手通信機器メーカーのエンジニア、
学習塾経営を経て、塾の経営中に
記憶術に目覚める。

45歳から記憶術のトレーニングを始め、
2013年に日本記憶力選手権で
初出場で優勝しました。

さらに同年にロンドンで開催された
世界記憶力選手権でも優勝して
日本人で初めて記憶力グランドマスターの
称号を獲得しました。

スポンサーリンク

池田義博の出身大学はどこ?

45歳から記憶術の訓練を始めて
これだけの成績を残すのは、
よほど頭が良い人でなければ
不可能かもしれません。

だとすると学歴もかなり高いのでは
と思い池田義博の出身大学を
チェックしてみました。

池田義博の出身大学については
茨城県内の大学の工学部を卒業した
とされているのみで、
詳しい大学名については
公表されていません。

ただ少なくとも東大や京大、
早稲田、慶応と言った
有名大学ではないことは確かです。

ただ理系の工学部出身で、
大学卒業後には学習塾も経営していることから
学力はかなり高いのではないかと思われます。

池田義弘の本の口コミ、評判は

池田義弘が45歳から極めた記憶術について
その内容を知りたいという人も
多いのではないでしょうか。

池田義弘はこれまで記憶について
何冊かの本を出版しています。

その中でも2017年に出版された
「脳にまかせる勉強法」はベストセラーになり、
アマゾンのカスタマーレビューでも
高い評価を得ています。

ここではその一部を紹介します。

・当たり前のようで新しい内容
この手の本は多少読んでいるつもりだが、脳への任せ方は具体的で新しい内容だと思う。さらにその背景となる理論が簡易に示されていてサクッと読み進めながら納得感を得られた。おすすめ

・良本!
とても分かりやすく、なおかつ実践しやすい。良本だと思います。
購入の価値は十分にあります。

・読みやすい。オススメの本
全体的にわかりやすく、実践したくなるような内容でした。手順など細かく書いてあったので、このような本を初めて読む自分でもとても理解がしやすかったです。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています

・説得力がある
ここで紹介してある記憶法はだれでも実践可能なものばかりで、記憶に対する負担が軽減されるすばらしい内容でした。勉強した内容を早く確実に覚えることは、勉強を効率よくできることになる。著者が40代から記憶法を始めたというのでほんとに説得力があるし、記憶に対して前向きになれる。
記憶は、反復がとても大事。そして脳はイメージで覚えることを得意としているが、そのイメージもきちんと言語化することによってアウトプットできる使える知識になる。そして、脳は頭の中でイメージしたことと、現実で起こったことを同じととらえているんですね。成功イメージを描くことが脳の仕組みからして重要なのだとわかりました。

引用:Amazon.co.jp

まとめ

記憶力グランドマスターの池田義博の
出身大学について調べてきました。

東京の有名大学ではないものの、
もともと学力はそれなりにある人
ではないかと思われます。

ある程度学力に自身がなければ
45歳から記憶術を極めようとは
思ったりもしないはずです。

スポンサーリンク