茨城県水戸市の芦山浄水場は
映画「カメラを止めるな!」
のロケ地として有名な場所です。

また「カメラを止めるな!」以外にも
ドラマや映画、ミュージックビデオの
撮影などにも使われるロケ地として
も知られています。

そこで芦山浄水場の見学方法や
地図、アクセス方法など
気になる点について
チェックしてみました。

スポンサーリンク

芦山浄水場の詳細について

引用:水戸市フィルムコミッション

足山浄水場は1932年(昭和7年)に
設立されて、
1993年(平成5年)まで
実際に使われていた浄水場です。

大正から昭和初期の
人口増加や消火設備の充実を
目的に建設され、
長年水戸市の水瓶の役割を
果たしてきました。

浄水場の敷地は非常に広大で、
浄水場として使われていた当時の
建物の外部だけでなく内部も
そのまま保存されています。

建物は非常に頑丈にできていて、
東日本大震災の時にも
損傷はなかったそうです。

その外観には西洋風の装飾が
施されていて、
丸窓から光を取り入れるなど、
当時としてはかなりモダンな
建物として評判だったと思われます。

その独特な雰囲気から現在では、
主に映画やドラマなどの
映像作品のロケ地として
使用されています。

足山浄水場へのアクセス方法と地図

足山浄水場は茨城県水戸市の
中心部から8キロほど離れた
水戸市郊外の那珂川沿いにあります。

住所:茨城県水戸市渡里町921-1

アクセス方法:常磐自動車道水戸北スマートインターチェンジから車で約5分
電車の場合はJR水戸駅からタクシーで約30分

足山浄水場は見学できるの?

足山浄水場は映画のロケ地として
建物の外部だけでなく内部も
厳重に保存されているため、
許可がない場合には敷地に
出入りすることはできません。

普段の使用も映像作品の
ロケ地として使用する場合のみ
認められています。

そのため普段は敷地や建物内部の
見学などをすることはできません。

しかしながら、不定期で
見学会が行われることがあります。

そのため見学希望の方は
水戸市に直接問い合わせるか、
水戸市のホームページなどを
こまめにチェックすると
良いでしょう。

なお建物を見るだけであれば、
敷地の周りには建物を隠す
高い塀などはないので、
那珂川の堤防から主要な
建物を見ることは可能です。

スポンサーリンク

カメラを止めるな!のロケ地ツアーの様子

2019年2月24日に「カメラを止めるな!」の
ロケ地ツアーが芦山浄水場で開かれました。

このツアーは2019年1月16日に
募集されましたが、
たった30分で40人の定員が
埋まってしまったそうです。

このロケ地ツアーには
40人の参加者だけでなく、
「カメラを止めるな!」の
上田慎一郎監督や主演の濱津隆之、
日暮真央役の真魚も参加したそうです。

そのため監督による撮影の裏話や
濱津隆之と真魚によるシーンの再現など
ファンにとっては盛りだくさんの
内容だったようです。

芦山浄水場で撮影されたその他の映画やドラマ

足山浄水場は「カメラを止めるな!」
以外にも数多くの映画やドラマの
ロケ地として使われてきました。

仮面ライダーシリーズ

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

金田一少年の事件簿

欅坂46の「もう森へ帰ろうか?」のMV

まとめ

映画「カメラを止めるな!」の
ロケ地となった水戸市の
芦山浄水場について調べてきました。

定番のロケ地となっている
だけあって、
保存状態も非常によく
昭和の博物館としても
使えそうなモダンな建物です。

映画ファンで無くても
一度見学してみたいと
思わせる建物ですね。

スポンサーリンク