ダイドードリンコが、
自販機でスマホの充電ができる
サービスを始めるということで
話題になっています。

外出中にスマホの
バッテリーが切れても、
ダイドーの自販機を
見つけることができれば
充電することが可能に
なるのでしょうか?

そこでダイドー自販機の
スマホ充電サービスについて
どこに設置されるのか?
料金はいくらなのか?

など気になる点について
調べてみました。

スポンサーリンク

ダイドー自販機のスマホ充電サービスの詳細

ダイドードリンコは2月8日から、
自販機の電力で、スマホやタブレットの
充電を可能にする
「レンタル充電器」のサービスの
実験を開始しました。

ダイドーのレンタル充電器は、
側面にUSBの充電ポートを一つ
備えた自販機を設置します。

USBの充電ポートは
2.4アンペア出力でスマホだけでなく、
タブレットのの急速充電も
可能なタイプです。

これまでダイドードリンコは、
自販機で雨傘を貸し出す、
「レンタルアンブレラ」(2015年)

自販機周辺の飲食店や美容室などの
店舗の情報を提供する、
「スマイルスタンド」(2016年)

などのドリンクを販売する以外の
自販機を利用したサービスを提供する
取り組みを行ってきました。

今回の「レンタル充電器」も自販機の
新しい付加価値を見出すサービスを
提供する取り組みの一環です。

スポンサーリンク

レンタル充電器の設置場所や料金は?

ダイドー自販機でスマホやタブレットに
充電することが可能な
「レンタル充電器」について
特に気になる料金や設置場所について
調べてみました。

「レンタル充電器」の設置場所は、
まずは神田明神や青山学院大学など
東京都内最大10ヶ所からサービスが
開始されます。

一人あたり5分程度の充電が
可能で、料金は無料となっています。

そのかわりに利用者には
使用後にSNSに「#dydocharge」
を付けて感想を提供してほしいと
呼びかけています。

あくまでも緊急時のためのサービスで、
5分程度の使用が求められているので、
スマホのタブレットのバッテリーを
満タンにすることはできません。

でも外出時に連絡手段を失ってしまう
というトラブルを避けることができるため、
特に外国人観光客などには喜ばれそうです。

レンタル充電器の使い方

ダイドー自販機でスマホを充電するには、
「レンタル充電器」に対応した自販機の
側面に付いているUSBポートに
USBケーブルを差し込むだけで
充電することが可能です。

ただし充電に必要なUSBケーブルは
自分で用意する必要があるので
注意してください。

まとめ

外出中にスマホのバッテリーが切れて
困った経験をした人は多いと思います。

このような時に無料で助けてもらったら
次からはダイドーのドリンクを
積極的に飲もうという気分に
なりますよね。

そのような意味では、
無料で提供するサービスでも
販促効果は高いのかもしれません。

スポンサーリンク