2019年2月20日放送の
「世界のなんだこれミステリー」の
原田龍二の座敷わらし調査で
紹介された、島根県出雲市の
温泉旅館が話題となっています。

100年の歴史を持つ温泉旅館で、
宿泊した人の多くが座敷わらしを
体験をしたのだとか。

そこで今回紹介された
島根県出雲市の温泉旅館はどこなのか?
実際に泊まった人の口コミはどうなのか?
など気になる点についてチェックしてみました。

スポンサーリンク

座敷わらし調査の温泉旅館はどこ?

今回の座敷わらし調査の温泉旅館は
島根県出雲市多伎町にある
「はたご小田温泉」です。

ホームページやTwitterでも
番組で取り上げられることが
紹介されています。

はたご小田温泉の詳細

住所:島根県出雲市多伎町小田208-3
電話番号:085-386-2016
チェックイン:16時から
チェックアウト:10時まで
定休日:不定休
アクセス:JR山陰本線出雲市駅から車で約25分
JR山陰本線小田駅からは1人の場合でも送迎有り
公式ホームページ:https://odaonsen.jp/

はたご小田温泉の口コミ

実際にはたご小田温泉に宿泊した人の口コミをチェックしてみました。

https://twitter.com/reposer9388616/status/1076435108977008640

・温泉でゆったり 50代女性
 以前より行ってみたい温泉でした。今回やっと尋ねることができとてもうれしかったです。
聞いていた通り落ち着いた素敵なお宿でした。お風呂もとてもおもむきがあってよかったです。のんびり過ごすにはうってつけのところでした。気持ちよくすごせました。

・木のぬくもり  50代女性

ピカピカに磨かれた廊下や階段を素足で歩くのが気持ちよく、お風呂も木とタイルに囲まれて良いお湯にのんびりつかることができました。
あちらこちらで体に良いものが置いてあり、アンチ柔軟剤派としては太陽に当てて乾かした柔軟剤を使ってないタオルが使い心地よかったです。
食事も、地元の野菜をたくさん使ってあり、大変おいしくいただきました。お酒もわがままを聞いていただきありがとうございました。
夜はとても静かです。6月頃なら、部屋から蛍が見れそうですね。また、伺います。

・食事がとても良かった  50代男性

出雲市の先、浜田の手前という漠然とした条件でこちらを選びましたが、夕食、朝食ともすべての献立に気を使っていることがはっきりと分かるお食事でした。どれを食べても一工夫されていて美味しく、「これは何を使っているのかな」「こんなの真似したいね」なんて会話しながらいただきました。
宿はこじんまりとしていますが、掃除が行き届いていてスリッパ無しの意味も足の裏で感じることができました。
お風呂は男性側でカランが4つ程度の小さめですが、少し浅めの浴槽でやわらかいお湯にのんびり入る感じです。
遠いので簡単には行けませんが、再訪したい宿が一つ増えました。

引用:じゃらん.net

口コミでは、
静かな環境と料理の美味しさ、
清潔感をお風呂の良さを
評価する口コミが多かったです。

じゃらんの口コミでの総合評価は
4.8と非常に高い評価を得ています。

スポンサーリンク

女将のブログの驚愕の内容とは?

「はたご小田温泉」の女将の
はたご小田温泉のふわっと女将日記
によると、座敷わらしのエピソードは
20年ほど前から宿泊客により
ちらほら聞かされていたそうです。

女将も以前から何らかに
守られている場所である
感じはしていたそうです。

取材の話がたときには、
テレビ撮影が入ることで、
座敷わらしの機嫌を損ねてしまうことが
ないかどうか心配だったそうです。

そこで一旦保留にして、
取材予定日に一件でも
予約があった場合には、
それが座敷わらしの意向
ということでお断りしようと
思っていたそうです。

しかしながら取材予定日だけ
ぽっかり予約が空いて、
もう1日は定休日だったとか。

そこで相談した所、
いいのではないかと言うことで
取材に応じたそうです。

ちなみに撮影時に何が起こったのかは
一切知らされていいないそうです。

まとめ

旅館の怪現象と聞くと、
普通ならとても怖いイメージが
あるのですが、
座敷わらしと聞くと
全く怖くなくなり
逆に見てみたいと思ってしまうのが
本当に不思議です。

今回のはたご小田温泉は
座敷わらし無しでも
一度泊まってみたいと
思ってしまう、
非常に静かで味の有りそうな
旅館です。

スポンサーリンク