Amazonの創業者であるジェフベゾスが
離婚したことで話題になっていますが、
ジェフベゾスの年収や資産を
考えるとお金の問題では無いことは
明らかです。

ジェフベゾスの離婚で気になるのは、
やはり世界一の富豪と言われる同氏の
資産の行方です。

そこで離婚で資産はどうなるのか?
また今回の離婚は資産と関係が
あるのかどうか?

気になる点をチェックしてみました。

スポンサーリンク

ジェフベゾス氏の資産はいくら?

世界最大のオンラインストアの創業者で
CEO、社長でもあるジェフベゾス。

年収もさぞすごいのだろうと思ったのですが、
実は8万ドル程度なのだそうです。

日本円にすると900万円程度と
言ったところなので、
決して少なくはないですが、
Amazon社長の割には慎ましやかすぎますね。

しかしながら資産は想像通りで、
1600億ドルで日本円にすると
約18兆円でついにあのマイクロソフトの
ビル・ゲイツを抜いて1位になったそうです。

これだけ資産があれば、
もう一生食べていくのに困らないので、
年収なんていらないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

Amazonの創業者のジェフベゾス氏とは?

ここまでの資産を築き上げた
ジェフベゾスはどのような人
なのでしょうか。

ジェフベゾスは
30歳の時の1994年にAmazonの前身となる、
世界で初めてのインターネット書店である、
Cadabraを設立しました。

しかしながら、とある弁護士が、
社名を死体を意味するcadaverと聞き間違えた
ことから現在のAmazon.comに変更しました。

社名にAmazonが選ばれたのは、
「A」から始まる言葉なので、
アルファベット順だと一番最初になるから。

エキゾチックな響きなので、
自分の考えるインターネット事業の
イメージにマッチしているから。

自分の事業を、世界最大の河川である
アマゾン川のように、
世界最大のものにしようと
考えていたからです。

そして本当に、世界最大の
オンラインストアを作ることが
できたのでした。

ジェフベゾスは1964年の1月12日に、
アメリカのニューメキシコ州、
アルバカーキで生まれました。

ジェフベゾスが生まれた時、
母親はまだ10代で、
その後すぐに離婚して、
母親に引き取られました。

ブリンストン大学で、
計算機科学と電気工学の
学士号を取得。

大学卒業後はウォールストリートの
金融機関で、トレーディングシステムの
構築に従事しました。

その後1990年にヘッジファンドに移籍して、
1992年にシニアバイス・プレジデント
に昇進しました。

そして1994年にインターネットが
一般の人の間にも広がりを見せていることに
ビジネスチャンスを見出して退職して、
Amazon.comの前身となる、
Cadabra.comを開業しました。

なお今回、離婚した妻である
マッケンジータトルと出会ったのは
1992年でその1年後に結婚しています。

二人の間に子供は4人いて、
3人の息子と中国から取った
養子の娘が1人います。

今回の離婚の理由は?

現在の所、ジェフベゾスの離婚の理由は
明らかにされていません。

ただ一つだけわかっていることがあります。

それは今回離婚することで、
ジェフベゾスは世界一の富豪の座を
失ってしまいそうだと言うことです。

なぜなら離婚により、
資産の半分は妻であるマッケンジーに
分配されるかもしれないからです。

もしも資産が半分に分配された場合には、
ビル・ゲイツが再び世界一の富豪になるとともに、
マッケンジーが女性の世界一の富豪になると
見られています。

そうなると今回の離婚により、
Amazonの創業者であるジェフベゾスが
世界一の富豪であった期間は
ほんのわずかな期間だったということになります。

そうであれば、もしかするとはじめから、
ジェフベゾスが世界一の富豪になることができたら
離婚しようと二人で決めていたの
かもしれません。

つまりジェフベゾスがビル・ゲイツを抜いて
世界一の富豪になったことが、
今回の離婚の理由なのかもしれません。

まとめ

ジェフベゾス夫妻は25年の結婚生活に
終止符を打つわけですが、
理由かは明らかになっていません。

ただ声明では試験的に別居をしてみて、
離婚に至ったと書かれていいるようです。

まだまだ先の長い人生で、
資産もあまるほどあるので、
自由に新たな可能性に挑戦して
見たいと思ったのかもしれませんね。

スポンサーリンク