コメダ珈琲店の青森イトーヨーカドー店が
2019年6月にオープンすることで
注目を集めています。

なぜならコメダ珈琲店は、
日本全国46都道府県に進出していて、
最後に青森県だけが、
未進出地域として残っていたからです。

今回コメダ珈琲店が青森県
に出店することで、
日本全国47都道府県への展開を
完了することになります。

そこで新しくできるコメダ珈琲店の
青森イトーヨーカドー店の詳細について
詳しく調べていました。

スポンサーリンク

コメダ珈琲店の青森イトーヨーカドー店はいつどこにできる?

コメダ珈琲店の青森イトーヨーカドー店は、
青森県青森市のイトーヨーカドー青森店に
テナントとして出展します。

コメダ珈琲店の青森イトーヨーカドー店の
オープンは2019年6月です。

青森イトーヨーカドー店は
JR青森駅から車で15分の位置に
立地していています。

周辺にはドンキホーテやユニクロ、
ケーズデンキなどの郊外型の大型店が
立地していて、集客しやすいと
判断したものと思われます。

なおコメダ珈琲店の青森県への出店は、
2018年の4月に2018年度中に
出店する方針が示されていました。

しかしながら降雪による影響で、
2018年度の後半に店舗を建設するのは
難しいとの判断から2019年の6月に
出店が遅れました。

その間に青森県とともに
コメダ珈琲店が出店していない
都道府県として残っていた
沖縄県にコメダ珈琲沖縄糸満店が
8月6日にオープンしました。

そのため青森県だけが、
コメダ珈琲店が出店していない
地域として残っていました。

スポンサーリンク

コメダ珈琲店とは?

コメダ珈琲店は愛知県を中心に
790店舗(2018年2月末現在)を展開している
喫茶店チェーンです。

長い間、愛知県、岐阜県、三重県などの
東海地方のみで店舗を展開していましたが、
2000年代に入ってから関東や関西でも
店舗展開を行い、その後日本全国に
進出しています。

さらに2016年4月には中国の上海に
海外の1号店を出店しています。

メニューは中京式と呼ばれる
モーニングサービスが有名で、
開店から午前11時までに
コーヒーなどのドリンクを注文すると
トースト、ゆで卵が無料でついてきます。

このようなサービスは、もともと
コメダ珈琲店が展開していた
喫茶店の激戦区でもある東海地区では
一般的なサービスでした。

このサービスを日本全国に
展開したのがコメダ珈琲と
言うことになります。

またモーニングサービスのほかにも
デニッシュの上にソフトクリームを乗せた
シロノワールと呼ばれるデザートや
サンドイッチが人気メニューとなっています。

なおコメダ珈琲店は創業者の実家が
米屋であるにもかかわらず、
カレーライスやピラフといった
お米を使ったメニューはありません。

まとめ

青森県のイトーヨーカドー青森店に
コメダ珈琲店が出店すると言うことで、
青森でコメダ珈琲に行ってみたいと
思っていた人には朗報ですね。

他の場所にあるものが、
自分の住んでいる場所にだけ
無いというのは、
結構切ないものです。

全国展開しているような
チェーン店はなるべく
穴が無いように出店して
ほしいものです。

スポンサーリンク