元プロ野球千葉ロッテマリーンズの
大嶺翔太が恐喝未遂容疑で
逮捕されたことで話題となっています。

昨年大嶺翔太は金銭トラブルで、
プロ野球を引退していて、
その時にメルカリで
私物を売っていたことでも
話題となっています。

そこで大嶺翔太がメルカリで
何を売っていたのか?

また年俸の高いプロ野球選手が
路頭に迷うほどの借金の原因、
借金額はどのようなものだったのか?

気になる点について
徹底的に調べてみました。

スポンサーリンク

大嶺翔太のプロフィール

本名:大嶺翔太

生年月日:1991年9月17日(27歳)

出身地:沖縄県石垣市

身長:180cm

体重:82kg

ポジション:内野手

出身校:沖縄県立八重山商工高等学校

実兄は千葉ロッテマリーンズの
大嶺祐太投手で、
小学校二年生から
野球をを始めました。

高校は兄と同じ県立八重山商工に
入学して一年生からレギュラーとして
捕手、投手、遊撃手などを兼任しました。

2009年のプロ野球ドラフト会議で、
千葉ロッテマリーンズから
ドラフト3位で指名されました。

しかしながら同年の12月4日に
石垣市内の居酒屋で同級生と
飲酒、喫煙しているところ
補導される不祥事を起こしています。

それでも年俸の50万円減額という
ペナルティでロッテとの正式の
契約にこぎつけています。

プロ入り4年目の2014年に、
初めて一軍に昇格すると、
前年に一般人の女性と
結婚したことを発表しました。

翌年の2015年には
開幕を一軍で迎え、
2016年後半は一軍に定着。

しかしながら2018年6月23日に
本人の借金トラブルを理由に
現役を引退しました。

スポンサーリンク

引退時にメルカリで野球用具の転売疑惑も

大嶺翔太は引退時には
メルカリやヤフオクで、
自身の野球用具を
売っているのではないかという
疑惑でも騒がれていました。

ちょうどその時期に
メルカリやヤフオクで
大量の大嶺翔太の実使用の
野球用具を販売している
アカウントがありました。

ネットではそのアカウントが
本人のものではないかという噂で
もちきりでした。

もしも本人のものだとしたら、
そこまで金銭的に追い詰められていた
という事になります。

大嶺翔太が金銭トラブルに至った理由

大嶺翔太が引退する原因となった
金銭トラブルについては、
本人が語ったこところによると
200万円の借金が
原因だったとされています。

大嶺翔太は引退の2年前に
それまで家計を管理していたという
妻と離婚しています。

さらに一軍に昇格して
急に年俸が上がった時期とも
重なっていて、
税金が払えなくなったとのこと。

その時から徐々に借金が増えて、
総額200万円ほどになったところで
返済が滞ってしまいまいました。

そのため球団にも知られるところとなり、
もう引退するしか無くなったと
思ったそうです。

まとめ

引退時の借金については
親族などの協力により
返済が出来たそうですが、
再び今回のようなことに
なってしまいました。

おそらく本人に
金銭の管理能力が
欠けているのだと思われます。

周りからも才能はある選手として
認められていたので、
このようにことになってしまったのは
非常に残念なことです。