先日発表された飛鳥ナンバーの見本が
乃木坂46の斉藤飛鳥を意識しているのではないかと
注目されています。

飛鳥ナンバーの見本には
「20」「46」の数字が
選ばれていますが、
これが乃木坂46の齋藤飛鳥を
表しているとか。

さらには飛鳥ナンバーの担当者が
乃木坂46もしくは齋藤飛鳥の
熱狂的なファンなのでは?
という声も。

そこで飛鳥ナンバーの見本について
気になる部分をチェックしてみました。

スポンサーリンク

飛鳥ナンバーとは?

飛鳥ナンバーは奈良県の橿原市、
明日香村、田原本町、三宅町、高取町の
5市町村の地域で交付される予定の
ご当地ナンバーです。

>>飛鳥ナンバープレートの地域はどこ?県外でも付けられる?

第三回のご当地ナンバーの募集により
導入が認められたもので、
2020年から交付が開始されます。

ちなみに第三回のご当地ナンバーからは
原則として図柄入りのナンバープレートを
採用することになっています。

飛鳥ナンバーにも飛鳥地域の象徴でもあり、
明日香村のキトラ古墳の壁画にも描かれている
朱雀をモチーフにした図柄が描かれていて、
これがかっこいいと評判になっています。

飛鳥ナンバーの見本が齋藤飛鳥を意識しているってどういうこと?

飛鳥ナンバープレートの見本が
乃木坂46の斉藤飛鳥を意識しているという噂は、
飛鳥ナンバープレートのデザインの最終案
が出処になっています。

なんでも飛鳥ナンバー協議会が
昨年末に発表したデザインの
最終案の登録番号が「20-46」
となっていて、
これが齋藤飛鳥を表しているとか。

ちなみに飛鳥ナンバー協議会は
飛鳥ナンバーの導入の中心となったのが、
飛鳥川流域の五市町村により設立された
飛鳥ナンバー協議会です。

そして「20-46」は、
現在20歳で乃木坂46の
斉藤飛鳥のことを暗示しているのでは
ないかと噂になっています。

また飛鳥ナンバー協議会の担当者は
熱烈な乃木坂46のファンなのでは
ないかと言うような噂も出ています。

噂の真相について飛鳥ナンバーの担当者は?

飛鳥ナンバー協議会の担当者によると、
飛鳥ナンバーのデザインの最終案の見本については、
全くの偶然だったとか。

飛鳥ナンバー協議会の担当者も
今回の件についてTwitterなどで
つぶやかれていることは
知っていたようです。

しかしながら、飛鳥ナンバーの
最終案の見本に使用されている
登録番号について、
乃木坂46の齋藤飛鳥を意識したことは
全く無かったそうです。

「20-46」については、
直線や曲線が網羅されていて、
飛鳥ナンバーに限らず、
地方公共団体がナンバーの見本を
作る際にはよく用いられる番号
なのだそうです。

スポンサーリンク

予想外の盛り上がりに嬉しい誤算も

全くの偶然だったとは言え、
飛鳥ナンバーの担当者にとっては、
このような形で話題になるのは
嬉しい誤算だったようです。

県外や地域外からも問い合わせが多く、
特に乃木坂46のファンと見られる
若い男性からのものが多いとか。

特に飛鳥ナンバーに関しては、
実は前回の第二回のご当地ナンバーの募集にも
応募しています。

しかしながら登録台数の10万台に
足りないという理由で、
募集地域のなかで唯一落選しているという
つらい過去があります。

それだけに、このようなカタチでも
思わず注目を集めることができたのは
嬉しいことだったのかもしれません。

まとめ

飛鳥ナンバーに関して、
特に担当者が乃木坂46の
齋藤飛鳥のことは
意識したことは無いということでした。

しかしながら、朱雀の図柄のデザインと
乃木坂46のイメージで
非常にイメージの良いナンバーとして
受け入れられそうです。

偶然が重なった結果とは言え
ご当地ナンバーの導入が
地域の活性化とイメージの向上に
つながるかもしれないと言うことで、
今後も導入する自治体が増えそうです。

スポンサーリンク