成人式って以前は1月15日に行われていた
ような気がするのですが、
いつ頃からか月曜日に行われる
ようになりましたよね。

1月15日だったころは、
地域によっては冬休みのすぐ後の
休日としてありがたい日でもありました。

でも今ではなぜか1月15日には引っかからない
第二月曜日になってしまって、
冬休みの真っ最中で子供の恩恵も
無くなってしまいました。

そこでもうすぐ成人の日ということで、
いつから成人式は月曜日になったのか。

またなぜ1月15日が含まれる、
第三月曜日ではなく、第二月曜日なのか
気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

成人式が月曜日になったのはいつからか?

全国のほとんどの地域では、
成人式は国民の祝日の一つである、
成人の日に行われます。

成人の日は
「大人になったことを自覚し、
自ら生き抜こうとする青年を 祝いはげます
ことを趣旨としている祝日です。

1948年に公布施工された
祝日法により制定されました。

成人の日は昔から元服の儀が
行われていたのが小正月で
あったことから、1月15日に定められました。

そして2000年からは、
ハッピーマンデー制度の導入によって、
第二月曜日に行われることに変更に
なりました。

ハッピーマンデー制度は、
なるべく連休で休むことができるように、
日にちが固定されていた一部の祝日を
月曜日に移動させた制度です。

したがって、成人の日は2000年から
1月の第二月曜日に行われることに
なりました。

スポンサーリンク

成人の日はなぜ第三月曜日ではなく第二月曜日なのか

現在成人の日として定められている
第二月曜日になるのは、
1月8日から1月14日までのいずれか日です。

つまり本来成人の日であった、
1月15日が成人の日になることは
無いということです。

本来であれば1月15日が含まれる、
第三月曜日にするのが妥当と思われるのですが、
なぜ第二月曜日になったのでしょうか。

一番有力な理由としては、
第三月曜日ではなく、第二月曜日であれば、
お正月休みで帰省中の人でも、
成人式に参加しやすいということが挙げられます。

また第三月曜日は大学入試センター試験の
試験日と重なる可能性も考えられて、
都合が悪いということもあります。

さらに阪神淡路大震災の影響も考えられます。

現在、阪神淡路大震災が起こった1月17日は
「防災とボランティアの日」とされています。

そのためこの日には全国各地で、
防災についての講習会などが開催されるため、
成人式と重なると何かと
都合が悪いということがあります。

成人の日が第三月曜日ではなく、
第二月曜日となったのは以上のような理由が
考えられますが、
どれが正しい理由かはわかりませんでした。

おそらくこれらの理由が総合的に
考慮されて、第二月曜日のほうが
何かと都合が良かったということでは
ないのかと思われます。

まとめ

成人式がいつから月曜日に行われるように
なったのかということで、
チェックしてきました。

2000年のハッピーマンデー制度の
導入により1月15日に移動したのですが、
もっと最近の話だと思っていました。

これから成人を迎えるような
若い人であれば、
成人式は月曜日に行われるのが
当たり前なのかもしれませんね。

スポンサーリンク