ヤフオクにストラディバリウスが、
即決価格8億8000万円で
出品されて話題となっています。

そこでヤフオクに出品された
ストラディバリウスは本物なのかどうか?

出品者はどのような人なのか?
など気になる点について
詳しくチェックしてみました。

スポンサーリンク

ヤフオクに出品されたストラディバリウスとは?

ストラディバリウスはイタリアの
ストラディバリ親子3人により、
17世紀から18世紀にかけて作られた
弦楽器です。

ストラディバリのバイオリンは、
バイオリンの中でも最高峰と
言われていて、現在全世界に
約520挺現存していると言われています。

今回ヤフオクには
「希少Antonio Stradivari 1692年」
のタイトルで出品されてい、
1692年製のものと思われます。

商品説明文には1月30日の
出品開始当初には、
「かなり希少です。
来年には値段も1.5倍以上になると思われます。」
と記載されていて、
さらに2月1日には
世界に1つだけの本物で、
現在世界中から引き合いがあります。
と追記されています。

スポンサーリンク

出品されたストラディバリウスは本物なのか?

出品されたストラディバリウスが
本物なのかどうかについては
非常に気になる点であります。

ヤフオクには3枚の商品画像が
掲載されていますが、
もちろんこれだけでは商品が
本物かどうかの判断はつけにくいです。

出品者はヤフオクの質問欄での、
鑑定書の有無についての質問には、
イギリスのロンドンの
弦楽器鑑定家として有名な
「Peter Biddulph」による鑑定書が
存在すると回答しています。

試奏するのは可能かという質問に対しては、
他にも個別に問い合わせがあるため
試奏可能な日程を調整して後日連絡すると
回答しています。

またラベルの画像が見たい
と言う質問に対しては、
現在厳重に保管されているため、
すぐにはバイオリンを取り出すことができず
画像提供できないと回答しています。

以上の質問欄の内容から、
画像だけでは本物かどうか
判断は出来ないものの、
実際にこれだけの資金を出して
購入しようとする人物であれば、
実際に本物かどうかを確認して
購入することは可能だと思われます。

出品者はどのような人物なのか?

ヤフオクに高価な
ストラディバリウスを出品したのが
誰なのか気になるところです。

現在のところストラディバリウスを
ヤフオクに出品するような
人物については特に明らかには
なっていないようです。

そこで出品者のアカウントを
チェックしてみると、
過去に出品24件、落札59件の評価があり、
相互評価83件と見かけは
それはそれほど頻繁にヤフオクで
取引を行っているような
アカウントでは無いようでした。

ただし過去の出品内容をチェックしてみると、
主に中古車本体やタイヤマフラーなどの
自動車用品を多数出品していました。

またその他の出品はスポーツ用品などが
中心であり、音楽関係の出品は過去には
無いようでした。

そのためこのアカウントは実際の所有者から
ヤフオクでのストラディバリウスの出品を
依頼された代行業者が所有するアカウントの
1つである可能性も考えられます。

また商品の発送元地域が愛知県と
なっているため、愛知県在住の人物の
アカウントであると思われます。

なお出品者への質問で海外からの
英語による質問が来ていますが、
出品者が日本語でお願いしますと
回答しているのみなので、
おそらく日本人の出品者だと思われます。

1件の落札有り、ヤフオクの手数料は?

今回ヤフオクに出品されたストラディバリウスは、
2月4日21時19分に即決価格である
8億8000万円で落札されています。

落札者が誰なのか不明ですが、
ヤフオクでの評価が60件で、
事前に出品者への質問を行った人物ではありません。

なおヤフオクを利用する場合には
取引手数料がかかり、
出品者がYahoo!プレミアム会員である場合には、
8.64% (税込)の落札システム利用料がかかります。

従って出品者がYahoo!プレミアム会員だと
仮定すると、7603万2000円の手数料を
ヤフオクに支払うことになります。

まとめ

もともとヤフオクは
家庭の不用品を売る場所という
イメージでした。

しかしながら今では
このような高価な商品も
取引されるということに
ある意味驚いています。

スポンサーリンク