四国の愛媛県宇和島市に
嵐の聖地があると
話題となっています。

町中のあちこちに
嵐にまつわるものがあるため
熱心なファンの間では
10年前から知られている
聖地なのだとか。

そしてここで売られている、
嵐郵便局の名前の入ったポストカードや、
嵐バス停型のストラップは、
ファンにとってはレアグッズとして
大人気となっています。

そこで嵐の聖地のへの行き方や
ポストカード、バス停型ストラップの
購入方法など、
気になる点について
徹底的に調査してみました。

スポンサーリンク

嵐の聖地はどこにある?アクセス方法は?

嵐の聖地は四国の西の端の
愛媛県宇和島市にある
人口200人ほどの小さな町です。

ここが嵐の聖地である理由は地名が
「愛媛県宇和島市津島町嵐」
だからです。

元々は津島町と言う町で、
2005年8月1日の合併により
宇和島市となりました。

したがって宇和島駅からは
20kmほどと結構遠いです。

宇和島駅から嵐に行くには、
鉄道は無く、レンタカーかタクシー
もしくはバスで行くことになります。

バスは宇和島駅から宇和島自動車の
直行便が1時間に1本程度あるので、
(所要時間45分、片道850円)
バスの利用がオススメです。

宇和島駅からは宿毛、または
城辺行きに乗車して、
嵐停留所で下車します。

帰りは嵐停留所から
宇和島駅行き、もしくは
道後行きに乗車します。

詳しくは宇和島自動車の
ホームページでご確認ください。

>>宇和島自動車ホームページ

嵐郵便局のポストカードの購入方法

嵐郵便局では嵐の名前の入った
ポストカードを
購入することができます。

嵐郵便局

〒798-3344
愛媛県宇和島市津島町嵐225-2
電話番号:0895-35-0800
窓口営業時間:平日9時から17時まで 土日祝日休み

嵐郵便局の名前の入った
ポストカードは
1枚185円(税込)です。

また嵐郵便局からハガキを出すと
嵐郵便局の消印の入ったはがきを
送ることができます。

しかしながら証嵐郵便局の
消印が付くのは、
郵便局の営業中に
手渡しで出した場合のみです。

外に設置してあるポストに
投函した場合には、
嵐便局の消印はつかないので
注意してください。

スポンサーリンク

嵐バス停ストラップの購入方法

嵐バス停ストラップは
宇和島自動車のホームページの通販
または各営業所で直接購入
することもできます。

嵐バス停ストラップは
1セット2個入りで800円です。

1セットは嵐バス停1個とその他バス停
(土居仲・伊達博物館・きさいや広場のどれか)
の2個のストラップが入っています。

嵐バス停ストラップは
赤、青、黄、緑、紫の五色があり、
購入時に指定することができます。

セットとなるその他のバス停ストラップは
指定することができないので
注意してください。

通販の申込みは
メールフォームを送信するか
申込書を印刷して郵送
またはFAXして行います。

支払方法は代金引換のみです。

送料は個数により異なりますが
1セット120円からとなっています。

>>宇和島自動車の通販はこちら

直接購入することができる
窓口はこちらになっています。

宇和島自動車各営業所

道後出張所・松山営業所・八幡浜営業所・三瓶出張所・卯之町営業所・野村出張所・吉田出張所・岩松出張所・城辺営業所 宇和島バスセンター・恵美須町案内所・大洲駅前案内所・宇和島自動車学校・宇和島観光㈱窓口カウンター・道の駅みま・きさいや広場・伊達博物館・南楽園

嵐の町では購入できないので、
直接購入する場合には
宇和島バスセンター、岩松出張所などの
各営業社で購入すると良いでしょう。

嵐にバスで行く場合のモデルコース

嵐の町は非常に小さいので
1、2時間もあれば
見て回ることができます。

宇和島駅から朝にバスで出発して、
夕方までに帰ってくることも
十分に可能です。


①嵐バス停(下り)


宇和島駅方面からバスで来た場合には
こちらの停留所で下車します。

帰りのバス停は若干位置が
異なるので注意してください。

②嵐郵便局

嵐に来た時には
まずは嵐郵便局でポストカードを
購入しましょう。

また、嵐の消印付きはがきを
出すこともできます。

なお、嵐郵便局の営業時間は
平日の9時から17時までで
土日祝日は休みなので
注意してください。

③嵐電話交換所

嵐郵便局から宇和島方面へ
三軒ほど隣には
NTT西日本の嵐電話交換所が
あります。

④嵐保育所

嵐電話交換所から
国道56号線を宇和島方面に
しばらく歩いていくと、
カラオケ喫茶あらしという
お店が見えてきます。

カラオケ喫茶あらしと釣具店の間の
路地を左折して
道なりに歩いていくと
嵐保育所が右手に
見えてきます。

⑤嵐バス停(上り)

宇和島方面に帰る場合には
こちらのバス停から乗車します。

行きのバス停と違うので
注意してください。

とても雰囲気の良い街なので
時間が余ったら海などを
眺めて過ごすのもよいでしょう。

スポンサーリンク